SSMS とは

SQL Server Management Studio (SSMS) とは

SSMS(SQL Server Management Studio) は、SQL Server や Azure SQL Database の SQL インフラストラクチャを管理するための統合環境です。
SSMS には、SQL のインスタンスを構成したり、状況を監視したり、データベースを管理するためのツールが備わっています。
SSMS を使用して、アプリケーションで使われるクエリとスクリプトを作成したりすることもできます。

SSMSを利用すると、データベースがローカル コンピューター上にあっても、ローカルネットワーク上にあっても、クラウドにあっても、どこにあっても作業ができます。

SSMS は無料です。

SSMS の入手

SSMSはマイクロソフトからダウンロード可能です。
SSMS ダウンロード で検索すると一番上に出てくると思いますので、ダウンロードしてインストールしてください。

インストールは他のWebサイトに詳しく書いてあると思うので、各自でググってください。
このWebサイトにも「SQL Server 2017 Express エディション のインストール」に少し載せているので、良かったら参考にしてください。

無料ですので是非ともSQLの学習に役立ててください。

 

SSMSの使い方

SSMS は、SQL のインスタンスを構成したり、状況を監視したり、データベースを管理するためのツールで、アプリケーションで使われるクエリとスクリプトを作成したりすることもできます。
なので非常に多岐にわたる使用方法が有ります。

 

ここでは、SQLの学習のみに焦点をあてて、クエリを書くところまで説明します。

SSMS 起動

スタートから「Microsoft SQL Server xxxx」もしくは「Microsoft SQL Server Tools xx」を探し展開します。
その中から「Microsoft SQL Server Management…」を探しクリックします。

もしくは、検索にキーワード「ssms」を入力して「Microsoft SQL Server Management Studio」をクリックします。

 

新しいクエリ画面の表示

データベースのデータを操作するには「クエリ」を書きます。
SQL言語でデータ操作を行う文をクエリ画面に書きます。

SSMSを立ち上げると下のような画面が表示されます。
サーバーを確認して、データベースを展開します。
データベースをクリックして選択します。
メニューバーの「新しいクエリ(N)」をクリックします

 

クエリの入力と実行

大きな赤枠の部分にSQL文を記述します。
記述し終わったら、左上の「!実行」ボタンをクリックして、SQL文を実行します。
正常に処理されると、下に結果が表示されます。
エラーが発生するとその原因が表示されます。

 

以上、SSMSとは、でした。

SQL Server 2017 Express インストールエラー

SQL Server 2017 Express インストールエラー

SQL Server 2017 Express をインストール中に下のような画面が表示され、インストールが出来なくなりました。
今まで数えきれないほどインストールしてきたのですが、このような画面は初めてでした。

ちなみに、今回のPCは新規にwindows 10 ProをインストールしたてのPCでインストール直後に Windows Update されたかも不明でした。

 

とりあえず再起動が必要とのことで、再起動を行い実施したのですが同じ状況でした。

 

そこでWindows Update を実施しました。

まずは、「Windows の設定」画面を開きます。
Windows 10 の開き方は『Windows 10 「Windows の設定」画面を開くには』まで。
次に「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

Windows Update の「更新プログラムのチェック」を実行します。

 

Windows Update の更新プログラムの確認が始まります。
更新プログラムが有れば自動で更新されます。
再起動などの必要が有る場合もあります。

 

今回のエラーはWindows Update を実行することで解消され、その後正常にインストールされました。
もし、SQL Server 2017 Express インストールエラーが出た場合、Windows Update で解消されるかもしれません。

以上、「SQL Server 2017 Express インストールエラー」の紹介でした。

Windows 10 「Windows の設定」画面を開くには

Windows 10 「Windows の設定」画面を開くには

Windows 10 で「Windows の設定」画面を開くには、以下の手順で開きます。

私も良く使うわけでないので、忘れてしまう時のための備忘録として残しておきます。
何らかの設定等を行いたい時に「コンピュータの管理」画面や「コントロールパネル」画面を間違えて開いては、あれ?っとなっています。

 

Windows の設定」画面の開き方

1.「スタート」をクリックしてアプリケーション一覧を表示します

2.左端の設定アイコンをクリックします

 

下のように「Windows の設定」画面が開きます。

 

もし、何らかの作業中で既に「Windows の設定」画面が開いており、他の詳細設定画面になっていたとしたら、右上の「ホーム」をクリックするとトップ画面に戻る頃ができます。

 

以上、『Windows 10 の「Windows の設定」画面を開くには』の紹介でした。

IX Web Hosting 消える

IX Web Hosting 消える

海外の有名ホスティングサービスの「IX Web Hosting 」が閉鎖されました。

私もWindows Hosting service 契約していたので、少し前になんちゃら(後から確認したところSite5)と言う会社に引き継がれることになりました。でも、契約やその他はそのまま引き継がれるので安心してください・・・と言う趣旨のメールが来ていた記憶があります。

また、IX Web Hostingの使用状況もほぼ放置した会社のホームページと趣味のホームページがあるだけでした。

なので、気にせず放置していました。

ところが!
アナウンスと異なり、全てが消されて引き継がれていませんでした。
実害は無いとは言え、いささかショックなのは間違いありません。

 

やはり海外ホスティングサービスは危険です

アナウンスを探し読みしてしまい、細かな箇所を見なかった私の責任が大きいのでしょうが、手続きが必要ならもう少しわかりやすく書いて欲しいものです。

「契約やその他はそのまま引き継がれるので安心してください・・・」ではなく、「この手続きをしないと、契約破棄され、保存データの一切が失われます」と。

アメリカのホスティングサービス会社なので、耳障りの良いことを大声で連呼するのは仕方のないことなのでしょうね。
しかし、ショックです。
契約期間もまだ少し残ったまま、サービス終了されてしまいました。

ちなみに、「旧IX Web Hostingカスタマーの方はこちらへ」の宛先にメールで問い合わせを実施していますが、当然、返信はありません。

Windows hosting service ではなく、Linux hosting service なら普通に引き継がれていた可能性もあります。と思いググってみました。
いやいや。問題多発のようです。
Webサイトの移行がされていない人がネットに悲鳴を上げています。

・Webサイトが閉鎖されたままです、いつになったら再開されるの?
・メールが来なくなりました!!移行はどうなってますか?
・アドセンス収入が無くなりました。
・以降計画はどうなってるの?
・なんで電話サービスを止めてチャットサービスだけにするの?
・etc,etc…

現地の国でも混乱していたとは。。。

 

どちらにしても、失敗した感が強いです。
サービス自体には不満が残るものも有りましたが、事前に調査してある程度納得して契約したことも有り、概ね満足していました。
今回のような不測の事態には、細心の注意を払うべきでした。
しかし、日本のホスティングサービスならもう少しまともな対応を望めると思います。

 

海外ホスティングサービスは安かろう冒険野郎です

海外のホスティングサービスは安さにとても魅力があります。
また、海外のホスティングサービスは顧客に専用のIPアドレスを無料で幾つか提供することも多く、そこも魅力でした。
なのでこれからも選択肢に入れると思いますが、冒険でもあることを肝に銘じたいと思います。

サービス中は問い合わせにもそこそこの対応を見せてくれますが、今回のような引継ぎ会社が有る場合、ちゃんと引継ぎ手続きの確認をしましょう。
逆に会社そのものがなくなる場合の方が対応がわかりやすいかも知れませんが。

 

以上、「IX Web Hosting 消える」に感じた所感の紹介でした。

Windows 10 Google Chrome パスワードの確認

Windows 10 Google Chrome パスワードの確認

Google Chrome のパスワードを保存しておく機能はとても便利ですね。
でも、パソコンを買い替える時や、スマホでWebサイトを見たいと思ったとき、Google Chrome でパスワードを覚えさせてしまっているため、パスワードを思い出せない時があります。
ちゃんとメモでも取ってあれば良いのですが、そのメモもどこかに行ってしっていることも良くあります。

そんな時は、Google Chrome の保存したパスワードを確認するのが手っ取り早いです。

Google Chrome では、どこからでも簡単にパスワードを確認できてしまうことが逆に問題かもしれませんが。。。

 

Google Chrome パスワードの確認方法

「パスワードを管理」画面を表示する

Google Chrome のアドレスバーに「chrome://settings/passwords」と入力します。
Google 検索でない方の表示をクリックします。

「パスワードを管理」画面

下の「パスワードを管理」画面が表示されます。
Webサイトの一覧の中からパスワードを知りたいWebサイトを探します。

 

パスワードを表示する

パスワードを知りたいWebサイトの右側にある目のようなマーク[パスワード表示] ボタンをクリックします。
Windows のセキュリティ確認画面が表示されます。
パスワード表示の資格情報確認のために、ログイン時と同じ、ユーザー名とパスワードを入力してください。

 

パスワードを確認する

下の図では目隠ししていますのでわかり辛いですが、パスワードが表示されています。

 

以上でGoogle Chrome で保存したパスワードが確認できます。

 

 

アドレスバーから「パスワードを管理」画面に行けない場合

今のところGoogle Chrome のアドレスバーに「chrome://settings/passwords」と入力すれば、「パスワードを管理」画面に行けますが、もし行けなかった場合は以下の方法でも「パスワードを管理」画面に行けます。

Google Chrome の「設定」画面を表示します

右上のメニューをクリックして、メニューを展開します。
その後、下の方にある「設定」をクリックします。

 

「設定」画面の設定メニューを開きます

左上の「設定」をクリックします。

 

「プライバシーとセキュリティ」画面を開きます

詳細設定を展開します。
プライバシーとセキュリティをクリックします。

 

「パスワードを管理」画面を開きます

「パスワードとフォーム」設定を探します。
「パスワードを管理」をクリックします。

 

パスワードを表示する

「パスワードを管理」画面が表示されますので上に戻ってパスワードの確認方法に従ってパスワードを表示してください。

 

以上、「Windows 10 Google Chrome パスワードの確認」の紹介でした。

Windows 10 Microsoft Edge のパスワード確認

Windows 10 Microsoft Edge のパスワード確認

Microsoft Edge では、保存したユーザー名やパスワードの変更や削除を行うことができますが、パスワードの表示はできません。
伏字(黒い丸)で表示されます。

そこで、Microsoft Edge で保存したパスワードを確認するためには、Windowsの資格情報マネージャーを使用します。
Windowsの資格情報マネージャーは保存したパスワードを表示、確認することができます。

 

Edge のパスワード確認方法

 

資格情報マネージャーの起動

Windowsスタートメニューに「資格」と入力して資格情報マネージャー検索し起動します。
「資格」のみで表示されなければ「資格情報マネージャー」と入力してください。
ちなみに、コントロール パネル > ユーザー アカウント>Web 資格情報の管理 と進んでも表示できます。

 

Web 資格情報の表示

Web 資格情報タブを選択します。
下のパスワードを保存したWebサイトとユーザー名の一覧が表示されます。

 

パスワード確認

一覧の中から、パスワードの確認を行いたいWebサイトを展開します。
展開されると伏字になったパスワードの横に「表示」リンクが表示されますのでクリックします。

 

下のように資格情報の確認が行われますので、ログイン時と同じ、ユーザー名とパスワードを入力してください。

 

正常に資格場が認証されると、伏字だったパスワードが表示されます。

 

以上、「Windows 10 Microsoft Edge のパスワード確認」の方法の紹介でした。

Windows 10 「コントロールパネル」画面を開くには

Windows 10 「コントロールパネル」画面を開くには

Windows 10でコントロールパネル画面を表示する方法がいくつかあります。
どの方法でも手数は似たり寄ったりです。
好きな方法を覚えておくと便利です。

 

スタートからコントロールパネルを開く方法

1.「スタート」をクリックしてアプリケーション一覧を表示します
2.「W」を探します
3.「Windows システムツール」を展開します
4.「コントロール」をクリックします

 

スタートメニューから検索してコントロールパネルを開く方法

1.Windowsスタートメニューに「コントロール」と入力して資格情報マネージャー検索します
「コントロール」のみで表示されなければ「コントロールパネル」と入力してください
2.検索結果の「コントロールパネル」をクリックします

 

エクスプローラからコントロールパネルを開く方法

1.エクスプローラから作業中のPCを探し、右クリックでコンテキストメニューを表示します
2.下の方に表示される「プロパティ」をクリックします

3.「コンピュータの基本的な情報」画面が表示されます。
4.左上の「コントロール パネル ホーム」をクリックします

 

以上、『Windows 10 「コントロールパネル」画面を開くには』の紹介でした。

Windows 10 Windows Search

Windows 10 Windows Search

Windows 10 のWindows Searchとは、Windows Vista以降に搭載されたWindows向けのデスクトップ検索機能です。
さらにデスクトップ検索機能とは、パソコン内のアプリケーション・ファイル・アプリケーション関連ファイル、テキストファイル・メール・チャットなどのテキストを対象に全文検索、Web検索などができる機能です。
パソコン内の膨大な蓄積データの中から、あやふやなキーワードで対象のファイルを検索できるため、検索や整理を行う際に利用されます。

デスクトップ検索機能はテキストの全文検索を多用するヘビーユーザーに有益な一方で、高速な検索を実現するためのインデックスを作成するためにCPUとメモリを大きく消費するため、デスクトップ検索機能をほとんど利用しないユーザーにとっては他のアプリケーションの実行時にパソコンが遅くなる悪要因とも言えます。

今回は、デスクトップ検索機能をほとんど利用しないユーザーにWindows Search の停止もしくは一部のみ対象とする方法をご紹介します。

 

Windows Search を単純停止するとどうなる?

Windows Search を単純停止すると、全文検索はもちろんファイル検索もできなくなってしまいます。
詳しくはWindows 10 Windows Search を無効にするとどうなるかを参照してください。

 

Windows Search の3つの設定

細かく分けるともっと多様な設定も出来ると思いますが、概ね3つの設定に分けることができます。

単純に停止
全文検索はもちろん要らないけど、ファイル検索も要らないと言うユーザーは単純にWindows Search を停止することができます。

ファイル検索のみ実施
ファイル検索のみは残して欲したいユーザーは「インデックスのオプション」でファイル名や更新日時などのファイルのプロパティ情報のみをインデックスとして作成するようにします。

一部のフォルダーのみテキスト全文検索実施
一部のフォルダー(メール)のみテキスト全文検索をしたいユーザーは「インデックスのオプション」インデックスを作成する場所を変更します。

ただし、ファイル検索のみ実施と一部のフォルダーのみテキスト全文検索実施の2つを組み合わせられるような仕組みになっていないので、どちらか一方を選択することになります。
通常の稼働ももちろんできますが、設定には数えませんでした。

 

Windows Searchのインデックス機能

Windows Search はパソコン内の膨大な蓄積データの中から、あやふやなキーワードで対象のファイル検索やテキスト全文検索を行うために、「インデックスのオプション」画面でどの種類のファイルにどのような処理を行うか設定してあります。

「インデックスのオプション」は、以下の所から起動できます。

 

「インデックスのオプション」以下のようになっています。
[変更]はインデックスを作成するフォルダーを設定します。
[詳細設定]は再構築の実施やファイルの種類による処理タイプの設定を行います。

また下のPCでは、57,584個のインデックスが作成されています。

 

[変更]はインデックスを作成するフォルダーを設定します。
必要なフォルダーのみチェックを入れることで対象ファイルを減らし、PCへの負荷を減らすことができます。

 

[詳細設定]は再構築の実施やファイルの種類による処理タイプの設定を行います。
「インデックの設定」タブでは、インデクスを削除して再作成(再構築)を行うことができます。

「ファイルの種類」タブでは、拡張子ごとにフィルターを設定します。
フィルターには、「プロパティのみのインデクスを作成する」か「プロパティとファイルのコンテンツのインデクスを作成する」を設定することができます。

「プロパティのみインデックスを作成する」
ファイル名や更新日時などの、ファイルのプロパティ情報のみをインデックスとして作成します。

「プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する」
ファイルにテキストデータが含まれる場合、ファイルのプロパティ情報に加え、ファイル内のテキストデータも含めてインデックスを作成します。

 

Windows Search を停止するように設定するには

Windows Search を停止するように設定するには、下のサービス画面を開きます。
「コンピュータの管理」を開くには『Windows 10 「コンピュータの管理」画面を開くには』を参照してください。

 

次に「 Windows Search 」を一覧の中から探し出し、「プロパティ」を表示させます。
「プロパティ」表示はダブルクリックするかコンテキストメニューを表示させ「プロパティ」をクリックします。

 

次に「スタートアップの種類」を[無効]にし、[OK]をクリックします。

次回起動から Windows Search は停止状態になります。
以上で、Windows Search を停止するように設定できます。

 

Windows Search をファイル検索のみ実施するには

こちらは私も簡単なテストでしか実施したことが無いので理論的にはできるという代物です。
自己責任で実施してください。

まず、「インデックスのオプション」を開き、[詳細設定]から「詳細オプション」画面を開きます。

 

次に全てのフィルターに対して、[プロパティのみインデックスを作成する]に設定してOKをクリックします。
上の図にはファイルプロパティのフィルターしか表示されていませんが、いくつかフィルターがあります。
さっと確認したところでも
・プレーンテキストフィルター
・app Content filter
・HTMLフィルター
・XMLフィルター
・Microsoft Office のフィルター
・Office Open XML Format Word Filter
・Office Open XML Format Excel Filter
・XML Paper Specification フィルター
・MINE フィルター
・Office Outlook MSG IFilter
・Open Document Format ODP Filter
・Microsoft OneNote Filter
・Office Open XML Format PowerPoint Filter
・Setting Content Filter
・Microsoft Office Visio Filter
・Zip Filter
と有りました。これらのフィルターをチェックして[プロパティのみインデックスを作成する]に設定します。

 

念のためインデックスの再構築を行っても良いのですが、時間も掛かってしまうので、自動で再構築されるのを待つか検討してください。

 

 

Windows Search を一部のフォルダーのみテキスト全文検索実施するには

Windows Search を一部のフォルダーのみテキスト全文検索実施するには、「インデックスのオプション」を開き、[変更]から「インデックスが作成された場所」画面を開きます。
ここで例えば、Internet Explorer 履歴、Microsoft Office Outlook、ユーザーファルダーを全て外したい場合は
まず、Internet Explorer 履歴、Microsoft Office Outlookのチェックを外します。
その後ローカルディスク(C:)を展開します

 

ローカルディスク(C:)のチェックが現れるのでチェックを外します。
[OK]をクリックします。

[OK]をクリックするとインデックの再構築が行われます。

 

「インデックのオプション」画面でインデクスを作成する対象がスタートメニューだけになっていると思います。
但し今までの環境の差異もあるかもしれないので、設定が正しくできたか自分で確認してください。

 

まとめ

「 Windows 10 Windows Search 」がPCへ負荷をかけている場合の対処方法を紹介しました。
PCの使い方、PCの性能に合わせてより良い設定ができることを願っています。

以上で「 Windows 10 Windows Search 」についてでした。

 

Windows 10 「コンピュータの管理」画面を開くには

Windows 10 「コンピュータの管理」画面を開くには

Windows 10 で「コンピュータの管理」画面を開くには、以下の手順で開きます。
私も良く使うわけでないので、忘れてしまう時のための備忘録として残しておきます。

1.エクスプローラを開きます
2.作業中のPCのトップ(下の場合はPC)のコンテキストメニューを開きます
3.コンテキストメニューの[管理]をクリックします

 

「コンピュータの管理」画面が開きます。

 

以上、『Windows 10 「コンピュータの管理」画面を開くには』の紹介でした。

Windows 10 Windows Search を無効にするとどうなるか

Windows10でWindows Searchを無効にするとどうなるか

Windows 10 のWindows Searchとは、Windows Vista以降に搭載されたWindows向けのデスクトップ検索機能です。

さらにデスクトップ検索機能とは、パソコン内のアプリケーション・ファイル・アプリケーション関連ファイル、テキストファイル・メール・チャットなどのテキストを対象に全文検索、Web検索などができる機能です。

デスクトップ検索機能は高速な検索を実現するためにインデックスを作成します。
インデックス作成にはCPUやメモリを消費します。
基本的にCPUが休止中に処理を行いますは、ユーザーがPCを使用する際にすぐにインデックス作成作業を中断できずにパソコンが遅くなる要因となっています。

デスクトップ検索をよく使うユーザーであれば、高速なCPU,高速なSSD,大容量のメモリを備えたPCを使っており、また夜中にメンテナンスモードで稼働していても苦にならない環境にあると思います。
一方で一般的なユーザーはデスクトップ検索の機能を十分に享受できる使用法をしないことと、必要な時だけPCを立ち上げるため、インデックス作成作業がPC利用時と重なることにもなります。

よって、一般的なユーザーでデスクトップ検索を行わないのであれば、Windows Searchを無効にしたい気持ちが出ると思います。

しかし、単純にWindows Search を無効化して起動させないようにするとどうなるのでしょうか?
PCが変な状態になって困った状態になるのでしょうか?

そこで、単純にWindows Search を無効にするとどうなるか確かめてみました。
ちなみに、なぜ確かめようかと思ったのか。。。「Windows Search 無効」で検索すると、過去のWeb記事ではアプリケーション検索も連動してできなくなると記述があり、「おや?そうなの?」と思ったためです。

 

Windows Searchを無効にすると

細かな点でいくつか差異が出ました。
詳細は下の調査結果を一読ください。

大きな差異は、2つでした。
・ファイルが検索対象にならない。(検索結果が表示されない)
 ただし、「エクスプローラで検索」が表示される。
・テキストの全文検索がされない。

インデックスを作成する作業を止めることでどの程度PCの負荷が減るのかは使用度によって異なるし、計測方法も思いつかないので計測はしていません。体感できるほど負荷がなくなれば停止させた甲斐が有るのですが、どうでしょうか?

ちなみに Windows Search を無効にしても仕様が変わったのか、アプリケーション検索は正常に動作しました。

 

確認のためにファイル作成

確認のためにpmemo20180830.txt, test.txt ファイルを作成しました。
テキスト全文検索のために、test.txt の中に「pmemo」文字列を保存しました。

尚、念のためインデックス作成の再作成を実行したので、text.txt の内容はインデックスされています。

Windows Search 有効時

Windows Search が有効時の動作について確認してみました。

入力検索をアクティブにした状態

最近アクセスしたファイル、IEで検索したWebページ、表示した画像が表示されました。

 

入力検索に「p」を入力した状態

該当するアプリケーションが表示されました。

 

入力検索に「pme」を入力した状態

最も一致する検索結果に該当ファイルが表示されました。

 

「アプリ」タグではMicrosoft Store 内のアプリが表示されました。

 

「pme」ではtest.txt内のpmemoが検索されませんでしたが、「pmem」でテキスト検索されました。

 

ウェブでは、そのまま検索結果を見られるようになりました。

 

更に一度検索する、過去に検索したマークが表示されました。

 

 

Windows Search 無効時

Windows Search が無効時の動作について確認してみました。

入力検索をアクティブにした状態

最近アクセスしたファイル、IEで検索したWebページ、表示した画像等が何も表示されませんでした。

 

入力検索に「p」を入力した状態

該当するアプリケーションが表示されました。
ただし、有効時と表示位置が異なるとともに、Recent項目としてペイントで最近アクセスしたファイルが表示されました。

 

入力検索に「pme」を入力した状態

最も一致する検索結果にWeb結果が表示され、該当ファイルは表示されませんでした。

 

「アプリ」タグではMicrosoft Store 内のアプリが表示されました。

 

「pmem」でも何も検索されませんでした。
その代わりに「エクスプローラで検索」が表示されました。
時間は掛かるようですがファイル検索が行えます。

「エクスプローラで検索」を行うと、「インデックスが実行されていないので、検索に時間がかかる可能性があります。クリックしてインデックスを有効にしてください…」とアナウンスが表示されました。

結果は正常に表示されています。

 

ウェブでは、過去に検索したマークが表示されました。