Search Console – Fatch as Google リダイレクトされました

Search Console – Fatch as Google リダイレクトされました

新しい記事を書いたので、Search Console の Fatch as Google 機能を使って記事をインデックスに登録してもらいました。

その際、「/」スラッシュを余分に付けてしまい、リダイレクトされましたと以下のように表示されました。

ステータスは「!」マークでエラーでも無いし、「インデック登録をリクエストしました」と出ていますのでスルーしようと思ったのですが、ちゃんとインデックスに登録されるのか少し気になって検索してみたところ、以下のような検索結果が出ました。

「リダイレクトされました」というエラーが・・・とありますが、エラーじゃないですよね?
「!」マークで注意を促していますがエラーではないです。
該当の行をクリックして詳細を確認すると、以下のような情報が表示されます。

指定されたURLが正規のURLでなかったために、示された予想される正規のURLに変換しリダイレクト先に指定しなおした感じです。
このリダイレクト先のURLは正しいURLなので再度 Fatch as Google を行う必要が無く助かります。

やはりエラーではないですね。
エラーで無いのにエラーと書いているWebサイトが上位を占めているところがとても気になります。

 

正常にインデックス登録が出来ているの?

念のため正常にインデックス登録が出来ているのか確かめてみました。

ちゃんと登録されていました。
即時で登録されていました。
確認方法なのですが、上のURLをコピーしてGoogle 検索します。
下のように検索します。

インデクスに登録されていると、該当のページが表示されます。
登録されていないと、該当のページは表示されません。

今回は即時で登録されていたため確認しやすかったのですが、遅延して登録されることもあります。

 

リダイレクトされる原因は?

さて、リダイレクトされる原因ですが、先にも書いた通り正規のURLでないからです。
正規と言うのは、URLの書き方で、「/」が多い、www を付けるのが正規なのか付けないのが正規なのか(Search Console の設定)、http かhttps なのか等々が関係してきます。
リダイレクト先のURLが正規のURLなので、それを確認すると解決できると思います。

完全に異なる(予想のできない)URLの場合は、アクセスできませんでしたのエラーになると思います。

 

以上、「Search Console – Fatch as Google リダイレクトされました」の検索結果に「あれ??」と思ったので書きました。

USBメモリ 表示より容量が少ない

USBメモリ 表示より容量が少ない

先日、下の32GBのUSBメモリをAmazonで購入しました。

Amazonの書き込みを見て、USBメモリへの書き込みスピードも速く良い感じの評価も多かったのでこのUSBメモリに決めました。

でも表示より容量が少ない!

で、PCに挿して容量を確認したところ、28.3GBしか有りません。。。



Excelで計算してみると、一般的な32GBのUSBメモリなら29.8GBになります。


それが、28.3GBしかないので480MBも少ないです。
ググってみると、少ないメモリ分はメーカーがなんやらユーザーの安全性や利便性のために確保しているそうです。

もともとの計算でさえ、1024を使わず1000で計算して、更に説明もなく5%も利用して、ちょっとがっかりです。

USBメモリを買う時は、見せかけのGBや表記の容量が使えないことも有るので注意しましょうね。

以上、「USBメモリ 表示より容量が少ない」でした。
The USB memory capacity is low

iPhone X の顔認証「Face ID」を 150ドルで突破された!

iPhone X の顔認証「Face ID」を 150ドルで突破された

「Computer Weekly 日本語版 2018 年 1 月 10 日号」を見ていたら、「iPhone X の顔認証「Face ID」を 150ドルで突破された」と出ていました。
『顔認証テクノロジー「Face ID」は 150 ドルで突破できる。一般ユーザーが利用したり対象になったりする可能性は低いが、突破できることは証明された。』と出ていました。

ググってみると同様の記事があちらこちらに。。。
『iPhone Xの顔認証がマスクで突破される』とか。

「Face ID」をどうやって騙した?

要約すると、「ネットワークセキュリティの専門家が 3D プリンタで作成したマスクを使って、Apple の最新主力スマートフォン「iPhone X」の顔認証テクノロジー「Face ID」を擦り抜けた」と言うものでした。
ネットワークセキュリティの専門家と言うのは、ベトナムのセキュリティ企業 Bkav のことで、マスクを 5 日間で作成したそうです。
3D プリンタで作成した輪郭、2D 画像、アーティストが形成した鼻を使い、顔の肌周りに特殊処理を施したもので、製作総額は 150 ドル(約 1 万 7000 円)だったそうです。

まぁ、安価な価格で破られてしまったことは問題ですが、実情その手法を使ってデータを盗み出すかと言えばそれは一般の人には当てはまらない行為かと思います。
安価な価格と言えどもかなりのスキルが必要なことは明らかですしね。

また、iPhoneから銀行などにアクセスして、そのまま送金できるかと言えば、他の何らかのセキュリティが掛かっているわけだし、金銭取得は難しそう。
他の用途は、ストーカーとか弱みを握りたいなどの素行調査の一環としてなどですね。いろいろな目的でデータを盗みたい人が居ると厄介かも。。。

じゃ、顔認証「Face ID」はだめで指紋認証機能「Touch ID」なら大丈夫かと言うと、これも既に破られていますので、同じですね。
顔認証「Face ID」が破られたからと言って、慌てることもないかと思います。

破られたとは言え、生体認証は素晴らしい機能で普段使いには十分な性能を発揮してくれると思います。
安価なセキュリティは、破られる運命なので絶対を期待するのを止めれば良いだけのことです^^

以上、ふと思ったことでした。

楽天カードから不審なメールが来ました~

楽天カードから不審なメールが来ました~

本日2017/10/18 11:11 に楽天カードから不審なメールが来ました~。

打合せ中だったので、メールのタイトルを見て「おや??」と思ったのですが、スルーしました。
「おや??」の理由は、私、楽天カード持っていません。
なのに、「【楽天カード】ご請求予定金額のご案内」なるタイトルでメールがきてたので、不思議に思って。。。

打合せが終わって、お昼を食べながら、不審メールを見ていたのですが、いかにも怪しそうな感じがしないんですね。

楽天カード 不審メール

楽天カード 不審メール


普通の感じですよね。

でも、楽天カード持ってないですから、あきらかに不審メールです。
で、さっそく「楽天カード 不審メール」でググってみました。
出てきました。。。

楽天カードを装った不審なメールにご注意ください

楽天カードを装った不審なメールにご注意ください


URLは『楽天カードを装った不審なメールにご注意ください』です。

で、どう言った被害にあうか私自身は試してみるのも怖いので試していませんが、どうやらメール内のURLをタップorクリックすると、ウイルスに感染するなどの被害に遭う(可能性がございます)のそうです。
なので、メール内のURLは絶対にタップorクリックしてはいけません

楽天カードのNewsでの警告でも、
差出人が「楽天カード株式会社」となっていても、身に覚えのない内容のメールに記載されているURLは絶対にクリックせず、送られてきたメールそのものを削除していただきますよう、何卒宜しくお願いいたします。
となっています。
って、身に覚えにない内容ならまだしも、楽天カード使ってたら不審に思わないからタップorクリックすることもあるよね?って思いますが。。。

差出人メールアドレス(info@mail.rakuten-card.co.jp)はどうやら正規のメールアドレスのようです。成りすまして送っているのかと。
正規のメールアドレス(info@mail.rakuten-card.co.jp)なら余計にタップorクリックしちゃう人いるよね。

みなさん、不審なメールには注意しましょうね。
あっ、そういえば今日、葉書でも架空請求の案内来てました。
すごく重要なお知らせを装ってるのに、配達証明で送ってこない事態がすでに怪しいってバレバレですけどね。。。

詐欺や迷惑行為が多いので気をつけましょうね^^
以上、ちょっと気になったので報告でした。

robots.txt の使い方

robots.txt の使い方。。。の前に

先日、『IX Web Hosting ハッキングされた!』に書いた通りハッキングされたのですが、その後何も起こらず平穏な日々に戻っています。
ハッキングされたのは「趣味のブログ」サイトで被害自体はどうってことのないものでした。
勝手に時計を売るページを引っ張ってくるページを作られたのですが、参照先もどこかの企業のホームページを使っていました。

で、問題は、Googleの「Search Console」のクロールエラーが一向に減らないってことです。
404エラーなので、「Googlebot はこの URL をクロールできませんでした。この URL が存在しないページを指していることが原因です。一般に、404 が発生しても検索結果でのサイトの掲載順位が低下することはありませんが、このエラー情報を使用してユーザーの利便性を向上させることができます。」とある通り、影響はないのですが、気持ち悪くて。。。

Search Consoleのクロールエラー

Search Consoleのクロールエラー

robots.txt の使い方

そこで、robots.txt の出番です。
robots.txt とは、Google や Bing などのロボット型検索エンジンに対する命令(依頼?)を記述するためのファイルです。
例えば自分のページの一部を、検索エンジンのデータベースに登録されないように命令(依頼?)をします。

命令には、
 ・対象:User-agent
 ・許可:Allow
 ・拒否:Disallow
 ・通知:Sitemap
の記述があります。

User-agent

GooglebotやBingbotなど命令(依頼?)したいクローラーを指定します。
基本的には、「*」で全てのクローラーを対象にします。

Allow

クローラーの訪問をブロックしないディレクトリやページを指定します。
基本的には、ブロックしないディレクトリやページを許可する方法はとらないので、使わないケースが多いです。
ディレクトリを指定すると配下のページにも影響を及ぼします。

Disallow

クローラーの訪問をブロックするディレクトリやページを指定します。
基本的には、検索対象にしたくなページを指定することになりますが、写真などのディレクトリをインデックスされたくない場合などに使います。
「/」でサイト全体を、「/dir/」でdirディレクトリ以下全てのページを指定したことになります。
「/*.jpg$」で全てのjpgファイルに対した指定も可能です。

Sitemap

sitemap.xmlの場所(URL)をクローラーに通知します。
URLは絶対パスで記述します。

今回の robots.txt

User-Agent: *
Disallow: /asd.php
Disallow: /zxc.php
Disallow: /qwe.php

全てのbotに対して、
asd.php、zxc.php、qwe.phpへのインデックスを拒否するように依頼をしました。

「Search Console」のrobots.txt テスター

robots.txt テスターツールを使用すると、robots.txt ファイルでサイト内の特定の URL に対して Google のウェブクローラがブロックされているかどうかを確認できます。
一応、『robots.txt を使用して URL をブロックする robots.txt テスターで robots.txt をテストする』を貼っておきます。
具体的な使い方がわからない時は、robots.txt テスターでググると出てきます。

これでしばらくすると、エラー数も落ち着いてくると思うのですが。。。
減ってきたらまたここに追記します。
あっ、効果なくても報告します。

UTF-8 と UTF-8N

UTF-8 と UTF-8N

Webアプリケーションの仕事をしていると、たまにUTF-8でファイルを保存しないといけない時があります。
今の多くのエディタは保存する際に「文字コードの指定」ができるようになっていて助かります。
以前は、Visual stdio を立ち上げて保存したものです。

で、保存使用する際、UTF-8 と UTF-8Nが選べるエディタも有れば、選べないエディタもあることに気が付きました。
結果はご存知の通りBOMを付けるか付けないかの指定方法が違うだけなんですけね。
これって知らない人にはわかりづらいですね。

BOMって?

ちなみにBOMっていうのは、Byte Order Mark のことで、「テキストファイルの文字コードがUTF-8です」とファイルの頭に付けたマークのことです。

BOMが付くか付かないかだけなので、UTF-8 と UTF-8N の文字コードは全く同じUTF-8です。
違いはありません。

Nが付かないファイルは、BOMあり。
Nが付くファイルは、BOMなし。
ってことです。

UTF-8 と UTF-8N?

現在は、基本的にBOMなしで問題ないと思います。
なので、UTF-8Nを選択します。
で、UTF-8 と UTF-8Nが選べないエディタは、たぶんファイル名を記述する横くらいにBOMの扱いをどうするかの指定があると思います。

しかし、付けるように指定が有ったり、読み込み時に問題が出るようならBOM付けて試してみるのも手です。
現在はBOMなしが主流ですが、古いシステムはBOMあり指定もあるかもなので。

以上、UTF-8文字コードでファイルを保存したときにふと思ったので。。。

020番号帯

020番号帯

020番号帯は、2017年1月1日に施行された「電気通信番号規則等の一部を改正する省令」によって新設された「M2Mサービス専用の電話番号」のこと。

M2Mとは「machine to machine (マシン ツー マシン)」の略で電子機器などの機械同士の通信を示しています。

この総務省の発表を受け、大手携帯会社は2017年10月以降に順次020番号を提供すると発表しました。
この背景には、090/080番号帯はすでに枯渇し、その後に割り当てられた070番号帯もそのうち無くなってしまうと言う予測が有るからです。

既にM2Mで繋がっている機器が存在していますし、これからも増える一方です。
人が使用するよりも独立した機械が通信機能を持つことの方が遥かに使用頻度が高くなってくることが予想されます。

家庭内の電子機器は、家に固定電話が有れば家の電話回線からインターネットに繋ぐことができます。
しかし電話回線を持たない家庭も増えてきています。
そんな時はポケットWifiのような機器を家に置くことになりますが、今までは090/080/070を使っていたものが020を使うようになります。
また、独立した機器といえば自動車がすぐに思い浮かびます。
自動車への搭載も020番号帯が使用されるようになります。

020番号帯は、普通の番号と同じように使用できますが、M2M専用にすることで現在の11桁から2桁増やして13桁として使用されることが(今後どうなるかわかりませんが)予定されています。その方が遥かに番号数を確保できるので。

020番号帯の通信費がどうなるかわかりませんが、安くなるといろいろ助かります。
ふと思ったことでした。。。

楽天証券 分配金に掛かった税金額を取得する方法

今回はシステム開発に全く関係のない備忘録です。

私は楽天証券で投資信託を少しやっているのですが、分配金に掛かった税額を知りたくなることが有ります。
今までは分配金の明細を個別にチェックしていたのですが、とても面倒でした。
ところが、本日、期間を指定して総額を取得できる画面を見つけることができたので、備忘録として残しておこうと思います。

rakuten分配金確認

 

 

 

 

以上、楽天証券の税額を取得する備忘録でした。

Android Nexus5にAndroid5.1.1が降ってきた〜

Android5.1.1が降ってきた〜

今回は技術ネタではないです。

Nexus5のAndroid5.1ではメモリリーク不具合の解消されてないと巷で報告されていて、Android5.1.1が早くリリースされないか気になって仕方なかったのですが、今朝、5.1.1がやってきました。
ファクトリーイメージをダウンロードしてインストールする手段も有るようですが、手間も危険も有るのでなるべく簡単&安全な方が良いですもんね。
で、待ちに待ったAndroid5.1.1ですが、サクサク動いて電池長持ちになって欲しいです^^

スパコン「京」4位に 1位は中国の「天河2号」

スパコン「京」4位に落ち、1位は中国の「天河2号」だそうです。
「天河2号」は「京」の約3倍の33.86ペタFLOPSを記録しての1位だそうです。

TOP500を眺めるとやはりアメリ製のスパコンが目につきます。
今回「天河1号」に続き中国が2度目の1位になりました。これで中国のスパコン構築技術力は本物と見ても良いかもしれません。しかしながら、そのスパコンに使用されているCPUはアメリカ製です。もし、中国独自のハードウェアで1位になる時が来たら、その時は多くの面でアメリカに取って変わる国になっているのかもしれません。ちょっと恐ろしい気がします。

2013年6月のTOP500はこちらまで。