robots.txt の使い方

robots.txt の使い方。。。の前に

先日、『IX Web Hosting ハッキングされた!』に書いた通りハッキングされたのですが、その後何も起こらず平穏な日々に戻っています。
ハッキングされたのは「趣味のブログ」サイトで被害自体はどうってことのないものでした。
勝手に時計を売るページを引っ張ってくるページを作られたのですが、参照先もどこかの企業のホームページを使っていました。

で、問題は、Googleの「Search Console」のクロールエラーが一向に減らないってことです。
404エラーなので、「Googlebot はこの URL をクロールできませんでした。この URL が存在しないページを指していることが原因です。一般に、404 が発生しても検索結果でのサイトの掲載順位が低下することはありませんが、このエラー情報を使用してユーザーの利便性を向上させることができます。」とある通り、影響はないのですが、気持ち悪くて。。。

Search Consoleのクロールエラー

Search Consoleのクロールエラー

robots.txt の使い方

そこで、robots.txt の出番です。
robots.txt とは、Google や Bing などのロボット型検索エンジンに対する命令(依頼?)を記述するためのファイルです。
例えば自分のページの一部を、検索エンジンのデータベースに登録されないように命令(依頼?)をします。

命令には、
 ・対象:User-agent
 ・許可:Allow
 ・拒否:Disallow
 ・通知:Sitemap
の記述があります。

User-agent

GooglebotやBingbotなど命令(依頼?)したいクローラーを指定します。
基本的には、「*」で全てのクローラーを対象にします。

Allow

クローラーの訪問をブロックしないディレクトリやページを指定します。
基本的には、ブロックしないディレクトリやページを許可する方法はとらないので、使わないケースが多いです。
ディレクトリを指定すると配下のページにも影響を及ぼします。

Disallow

クローラーの訪問をブロックするディレクトリやページを指定します。
基本的には、検索対象にしたくなページを指定することになりますが、写真などのディレクトリをインデックスされたくない場合などに使います。
「/」でサイト全体を、「/dir/」でdirディレクトリ以下全てのページを指定したことになります。
「/*.jpg$」で全てのjpgファイルに対した指定も可能です。

Sitemap

sitemap.xmlの場所(URL)をクローラーに通知します。
URLは絶対パスで記述します。

今回の robots.txt

User-Agent: *
Disallow: /asd.php
Disallow: /zxc.php
Disallow: /qwe.php

全てのbotに対して、
asd.php、zxc.php、qwe.phpへのインデックスを拒否するように依頼をしました。

「Search Console」のrobots.txt テスター

robots.txt テスターツールを使用すると、robots.txt ファイルでサイト内の特定の URL に対して Google のウェブクローラがブロックされているかどうかを確認できます。
一応、『robots.txt を使用して URL をブロックする robots.txt テスターで robots.txt をテストする』を貼っておきます。
具体的な使い方がわからない時は、robots.txt テスターでググると出てきます。

これでしばらくすると、エラー数も落ち着いてくると思うのですが。。。
減ってきたらまたここに追記します。
あっ、効果なくても報告します。

IX Web Hosting ハッキングされた!

IX Web Hosting ハッキング

IX Web Hosting を使い始めて8か月目、ハッキングされたことに気が付きました。
見たことのないFileが入り込んでいました。

FTP経由で入り込んだと思われますが、FTPは複雑なパスワードにしているので、簡単に解析出来るとも思えません。
何もないほぼテストサイトに時間をかけて侵入する意味などないので愉快犯だと思います。

とりあえずFTPのパスワードを変更して、ハッキングされたファイルをバックアップから戻しましたが、どこから入ってこられたのか不明です。
テストサイトなので、持ち出されて困る情報はありませんが、気持ち悪いです。

ちなみに、IX Web Hosting の管理サイトには、ぱっと見ログを取るような仕組みは無さそうです。
IX Web Hosting の運営に調査を依頼することになるのでしょうが、英語だし、パスワード管理が悪い!ってことになりそうなので、今回は調査を見送りました。

みなさんもパスワード管理をしっかりしましょうね。
って、内部流出もあるので、杜撰な管理しかしていない運営や会社を利用しない方が良いかも。。。

とりあえず、こまめにファイルチェックの日々が続きそうです。。。( ノД`)シクシク…

IX Web Hosting SSLを設定する(更新)

IX Web Hosting SSLを設定する(更新)

Let’s Encryptからもらえる無料のSSL証明書を使い、独自ドメインのSSLを設定したのでその更新時期が来たので更新の開発備忘録です。

まず、IX Web HostingのHome画面から「Web Options」を選択します。

IX Web Hosting SSL設定 home画面

IX Web Hosting SSL設定 home画面

次に、「Select domain to configure hosting parameters」リストが表示されるので、SSLを設定したいドメインもしくはサブドメインを選択します。

IXWebhostingSSL設定 Select domain to configure hosting parameters

IXWebhostingSSL設定
Select domain to configure hosting parameters

次に、「Web Service」設定画面が表示されるので、「SSL Support」項目の「Editアイコン」を選択します。

SSL更新-WebService設定

SSL更新-WebService設定

次に、「Edit SLL」画面が表示されます。

SSL更新

SSL更新

次に、予め入手しておいたSSL Certificate(CERT/SSL証明書)とSSL証明書の秘密鍵(SSL Server Private Key)をコピーして貼り付け、「submit」送信します。
Let’s Encryptで無料のSSLを取得する

正常に処理されると、ひとつ前の「Web Service」設定画面に戻ります。
エラーが出た場合はコピーミスかコピーした情報に間違いが有ると思われるので、エラーメッセージを確認してみてください。
正常に処理されると、下のようになります。

IXWebhostingSSL設定-SSL設定後

IXWebhostingSSL設定-SSL設定後

これで、https://でアクセスすると保護された通信になります。
ただ、今でも「Edit」で「Force SSL Connection」にしても全てがHttps://になりません。
課題が残っていますが、とりあえず更新できたのでこれで良しとします。

以上、IX Web Hosting SSLを設定する(更新)の開発備忘録でした。

IX Web Hosting からメールが届きました

IX Web Hostingを検討している方へ報告です。
IX Web Hosting からメールが届きました。

ここから↓↓↓↓↓
Starting February 12, 2017 at 9PM EST, your services will be upgraded to a new server. This upgrade includes updates to backend services and new hardware resulting in improved stability, redundancy, and speed for your websites and email.

We expect this maintenance to be completed within 24 hours but this window may be extended as necessary. During the upgrade, it is likely that services will be unavailable for short periods.

You will not have to make any changes to your websites yourself as we will take care of everything for you and assigned IP addresses and server names will not change. Please check your sites after the maintenance window concludes to make sure that they work as expected and contact us immediately if you notice any issues.

We are in progress of upgrading many of our web, mail, and database servers, and you should also expect to see future notifications for upgrades to those services.

We’ve got our best team overseeing this move, and it is one we have experience with, so we expect everything will go smoothly. As always, if you have any questions, please don’t hesitate to contact us at any time.
ここまで↑↑↑↑↑

2017年2月12日午後9時(米国東部標準時間)からサービスが新しいサーバーにアップグレードされます。このアップグレードには、バックエンドサービスと新しいハードウェアのアップデートが含まれているため、Webサイトと電子メールの安定性、冗長性、スピードが向上します。

このメンテナンスは24時間以内に完了することが期待されますが、このウィンドウ?は必要に応じて延長することができます。アップグレード中、サービスは短期間ですが利用できなくなる可能性があります。

割り当てられたIPアドレスとサーバー名は変更されませんので、お客様のウェブサイトを変更する必要はありません。メンテナンス期間が終了した後、サイトが正常に機能していることを確認し、問題が発生した場合はすぐに我々までご連絡ください。

多くのWebサーバー、メールサーバー、データベースサーバーのアップグレードが進行中であり、これらのサービスへのアップグレードについて今後も通知があるでしょう。

我々はこの動きを監督する最善のチームを持っており、それは経験がありますので、すべてがスムーズに進むと期待しています。いつものように、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

と言う内容でしたが、何が変わるのが気になります。
Business Plus (Win)では、元々OSも「Microsoft Windows Server 2003」と公式サポートは 2015年7月15日に終了していますし。
サポート終了後は、更新とセキュリティ修正プログラムは提供されておわず、この OS を実行するデータセンターのコンプライアンスは失われたままです。

まぁ、それでも格安なので知ってて契約をした訳ですが、気になります。
それにしても、サポート切れのOSやツールを使うあたり、日本と違う自己責任の国なのかも。

以上、気になるメールが来てたのでIX Web Hostingを検討している方へ報告しました。

IX Web Hosting メールアドレスの作成

IX Web Hosting

メールアドレスの作成

Mail Manager

まずはMail Manager画面を開きます。
Home画面からe-mailアイコンをクリックします。

IXWebhostingメールアドレス作成Mail Manager画面を開く

IXWebhostingメールアドレス作成Mail Manager画面を開く

New E-mail作成

Mail Manager画面が開いたら、作りたいメールアドレスのドメインを選択します。
上部にあるMail domainsの右側に登録したドメインのselect boxが有るのでそこで選択し、横の「GO」ボタンをクリックします。
画面が再表示された後ににE-mail Setup FunctionsのNew E-mailリンクをクリックします。Add new E-Mail画面が開きます。

IXWebhostingメールアドレス作成 New E-mail

IXWebhostingメールアドレス作成 New E-mail

Add new E-Mail

Add new E-Mail画面が開いたら、
1)Email addressの右横のメールアドレス欄に任意のメールアドレスを入力します。
2)MAILBOXの左横のcheck boxにチェックを入れます。
3)Passwordのパスワード欄に任意のパスワードを入力します。
4)Comment:後で見てわかるようにコメントを入れておきます。
  Catch All:チェックを入れると、このドメイン名を含む存在しない電子メールアドレスに送信されたメッセージを全て受信するようになります。
  Discard All Incoming Mail:チェックを入れると、来たメール全てを破棄します。普通はチェックしないですね。
5)一番下のsubmitボタンをクリックします。

IXWebhostingメールアドレス作成

IXWebhostingメールアドレス作成

Add new E-Mail

再びMail Manager画面が表示されます。
メールアドレスが作成されると、「Mailbox xxxxxxx@xxxxx.xxx has been added successfully」のメッセージが上部に赤文字で表示されます。
また、下部のE-mail一覧の中に作成したメールアドレスが表示されていますので確認します。

以上で、IX Web Hosting メールアドレスの作成ができます。

IX Web Hosting WordPressを使用するときの問題点

IX Web Hosting

WordPress を使用するときの問題点

「IX Web Hosting」レンタルサーバでASP.NETのテストやホームページを運用しています。
そんな中で、WordPressを使ったブログも運用し始めたのですが、問題があることを発見しました。
尚、私は「IX Web Hosting Business Plus (Win)」プランを使用していますので、Linuxベースのレンタルサーバではまた違うと思います。

WordPress はデータベースMySQLが必須です

WordPressはデータベース「MySQL」にデータベースを格納します。
「MariaDB」という手も有りますが、見たことないので。。。
で、問題とは、「PHP」と「MySQL」のバージョンが低いことです。

WordPress の MySQL の推奨動作環境

MySQL バージョン 5.6 以上 です。
ちなみに、PHP バージョン 7 以上です。
しかし、古い PHP や MySQL しか利用できないレガシーな環境でも、PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作します。

IX Web Hostingの環境

MySQL バージョン 5.1.68 です。
ちなみに、PHP バージョン 5.4.10 です。
なので、動作はしています。

しかし、公式サポートは終了している

PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作しますが、公式サポートは終了していますので、Webサイトがセキュリティの脆弱性にさらされる危険があります。

以上、「IX Web Hosting WordPressを使用するときの問題点」での報告でした。

IX Web Hosting Microsoft SQL Server 2005の問題?

IX Web Hosting

「Microsoft SQL Server 2005」の問題の報告

IX Web Hostingの「Microsoft SQL Server 2005」の問題の報告?です。

Microsoft SQL Server 2005 2016年4月12日をもって、サポートが終了されています。
なので、ちょっと問題と言えば問題なんですよね。
SQL Server 2005 のサポートは終了させていただきました。 長い間ご愛顧いただきありがとうございました。

私の場合、ミッションクリティカルな処理もデータもここでは使っていないので、問題ないのですが。
もし、重要なデータを取り扱うのであれば、最近は手軽に使えるクラウドも有るし、そちらに移動した方が良いですね。
ちなみに私は業務では「windows azure」を利用しています。

この辺りは、安いだろう悪かろうの良い例ですね。
あと3年ちゃんと維持してくれるかな?
心配になってきたぞ。。。

以上、IX Web Hostingの「Microsoft SQL Server 2005」の問題の報告?でした。

IX Web Hosting Dedicated IPとShared IP

IX Web HostingでSSLを設定する(初回設定)の仕方を紹介したのですが、もっと基礎的な質問をしている投稿を見つけてしまったので、Dedicated IPとShared IPについてとその設定方法の説明を少しします。

あっ、そもそもの質問についてはこちらから↓
誰か助けて下さい! 現在、IX web hostingで・・・

まず、Dedicated IPとShared IPですが、
Dedicated IPは、あなたのWebサイトに専用のIPアドレスをもらえるってことです。
Shared IPは、複数のユーザ(複数のWebサイト)に共用で割り与えられるIPアドレスです。

で、なぜ専用IPアドレスが必要かというとSSLを使いたいからです。
SSLの基本的な仕様に専用のIPアドレスを必要とするというのがあります。
なので、SSLを使いたいなら、専用のIPアドレス⇒Dedicated IPが必要となります。
もっと詳細に知りたい方は、「SSL 専用IP」などでググってください。

で、IX Web HostingではDedicated IPをいくつか貰うことができます。
私の「Bisiness Plus(Win)」プランでは3つ、一番少ない(安い)プランでも2つDedicated IPが貰えます。

ただ、Dedicated IPが貰えたらと言って、専用のサーバになるわけでもなく、処理が速くなるわけでもありません。
単に紐づくIPアドレスが専用か共用かだけの違いなので。

で、この質問者の人は、「昨日登録したドメインのIPアドレスの後に (shared)が付いている」と言っています。
これは、ドメインを登録しただけなので、Shared IPが付与されているってことです。

IX Web hosting Domain List

IX Web hosting Domain List

私の登録したドメインリストですが、IPアドレスの後ろにまさしく、 (shared)が付いています。

質問者さんが質問したかった、「このIPアドレス(shared)はなんですか?」は、質問者さんが契約時に割り当てられたサーバの共用IPアドレスがデフォルトで付いてきます。と言うのが回答になります。
次に「本日登録したドメインも同じIPアドレスが付いているのはなぜですか?」は、質問者さんが契約時に割り当てられたサーバの共用IPアドレスがデフォルトで付いてくるから。と言うのが回答になります。
次に「出来れば、違うIPアドレスにして登録していきたいので、そのコツ」については、ドメインのプロパティを変更する「Edit Domain」画面のIP Address欄の「CHANGE to Dedicated IP」をクリックしてDedicated IPにしてあげれば解決できます。

IX Web hosting Edit Domain

IX Web hosting Edit Domain

回答者の方の言われていることが理解できて居れば難しい設定ではないのですが、前提知識がないと辛いのも事実です。
私も英語が苦手でなかなかIX Web Hostingでレンタルサーバを借りれなかったのですが、まぁ、なんとか運営できそうです。

とりあえず、SSL設定の前にDedicated IPを設定する必要があることを知らない人もおられるので、紹介しておきました。

IX Web Hosting MS SQL Database環境の使い勝手

IX Web Hosting

MS SQL Database環境の使い勝手

現在(2017年1月)、この備忘録は海外レンタルサーバのIX Web Hostingを利用して運営しています。
IX Web Hostingは海外のレンタルサーバですが、慣れてくるとほぼ思い通りのことができ助かっています。
今回は、IX Web HostingのMS SQL Database環境の使い勝手についての紹介です。

IX Web Hostingは、データベースに「Microsoft SQL SERVER」を使うことができます。
MS SQL Databaseという名前で出ていますが、「Microsoft SQL SERVER」のMicrosoft SQL 「Server Workgroup Edition」です。
詳細は「Microsoft SQL Server 2005 – 9.00.5057.00 (Intel X86) Microsoft Corporation Workgroup Edition on Windows NT 5.2 (Build 3790: Service Pack 2) 」です。

IX Web hosting SQL SERVER

IX Web hosting SQL SERVER

私の「Business Plus (Win)」というプランでは、「MS SQL Database」は100個まで作ることができます。
そんなに必要ないんですけどね。

で、使い勝手なのですが、悪い点から言うと、

照合順位問題

1)照合順位問題
「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS」から変更できません。
デフォルトのままだと、英語 (米国) Windows システム ロケールを使用するコンピュータにインストールされているサーバーの既定の照合順序に従うことになります。

なので日本語での並び替えや条件分岐、条件検索がやりにくいです。
日本語を取り使うにはCOLLATE 句を使えばできると思います。。。でも毎回指定するのも大変ですし、データベースのソートパフォーマンスも悪くなるので。
そうするとJoin句等のために全てのテーブルを作成する時にCOLLATE 句使い作成するようにしておくのが良い手かも。

MMSMからはエラーでできませんでしたが、T-SQLでSQLを発行してやると出来ました!


ALTER DATABASE my-db-name COLLATE Japanese_CS_AI

その他、詳しくは見ていませんが、通貨、日付、時刻の形式などのデフォルトが異なっている可能性があります。
権限さえあれば、変更も可能なのですが、その権限は付与されていないので更新できませんでした。
IX Web Hostingのサポートに連絡すれば、「Japanese_CS_AI」などに変更してもらえるかもしれません。

表示が遅い

2)表示が遅い
共用でたくさんの人が使っているためMMSM(SQL Server Management Studio)のデータベース内の項目「表示が遅い」です。
実際のWebサイトのデータ表示は遅いと感じない程度です。
ただ、何百というデータベースがWorkgroup Editionに作成されているので、時には遅くなる時も有るだろうなと思っています。

MMSMのログイン

3)MMSMのログイン
MMSMのログインの時にログインエラーになったことが有ります。
たくさんの人が使っているので仕方ないかも。。。

バージョンが古い

4)バージョンが古い
「Microsoft SQL Server 2005、Workgroup Edition」ですから。。。

次に良い点ですが、

100個もDatabaseが作れる

1)100個もDatabaseが作れる
言うまでのないですが、テスト環境やバックアップ時に助かります。

MMSMからアクセスできる

2)MMSMからアクセスできる
「myLittleAdmin」などのサードパーティー制と違いやはり使いやすい。
メンテナンスもやり易いです。

良い点は少ないですが、格安でこれだけ使えたら文句は言えないですよね。
日本語を扱うデータベースの構築にはデフォルトのまま使用できないのでこのことだけ注意ですね。

以上、IX Web Hosting MS SQL Database環境の使い勝手でした。

IX Web Hosting SSLを設定する(初回設定)

IX Web Hosting SSLを設定する(初回設定)

IX Web Hostingを利用し始めて2週間が経過しています。
今のところ全く問題なく稼働しており、安心しています。
何しろ安くあげるために、3年契約にしてしまい、問題が発生したらどうしよ~(´;ω;`)の状態なので。。。
ちなみに、費用は格安で3年間で2万円を少し切る程度です。為替レート次第で多少上下すると思いますが。

話を戻して、私の契約したIX Web Hostingは「Business Plus (Win)」というプランで、固定アドレスが3個無料で付いてきます。
これが一番の目当てで契約したので、本当は一つ上の「Unlimited Pro (Win)」というプランが固定アドレスが15個も付いてくるのでこれにしたかったのですが、まぁ、たぶん使わないかなって思って。

で、Let’s Encryptからもらえる無料のSSL証明書を使い、独自ドメインのSSLを設定したので、その開発備忘録です。
他のSSLベンダーからの証明書も同様にしてできるのでこの手順で問題ないと思います。

まず、IX Web HostingのHome画面から「Web Options」を選択します。

IX Web Hosting SSL設定 home画面

IX Web Hosting SSL設定 home画面

次に、「Select domain to configure hosting parameters」リストが表示されるので、SSLを設定したいドメインもしくはサブドメインを選択します。

IXWebhostingSSL設定 Select domain to configure hosting parameters

IXWebhostingSSL設定
Select domain to configure hosting parameters

次に、「Web Service」設定画面が表示されるので、「SSL Support」項目の「Import SSL Certificate」を選択します。
一度設定していると、「Edit」を選択することになります。
ここで、SSL証明書をもっておらずIX Web Hostingで契約して作成する場合はその下の項目を選択すれば良いと思います。

IXWebhostingSSL設定-Web Service設定画面

IXWebhostingSSL設定-Web Service設定画面

次に、「NEW SSL Support」画面が表示されます。

IXWebhostingSSL設定-SSL鍵情報登録

IXWebhostingSSL設定-SSL鍵情報登録

次に、予め入手しておいたSSL証明書の秘密鍵(SSL Server Private Key)とSSL Certificate(CERT/SSL証明書)をコピーして貼り付け、送信します。

IXWebhostingSSL設定-SSL Certificate情報送信

IXWebhostingSSL設定-SSL Certificate情報送信

正常に処理されると、ひとつ前の「Web Service」設定画面に戻ります。
エラーが出た場合はコピーミスかコピーした情報に間違いが有ると思われるので、エラーメッセージを確認してみてください。
正常に処理されると、下のようになります。

IXWebhostingSSL設定-SSL設定後

IXWebhostingSSL設定-SSL設定後

これで、https://でアクセスすると保護された通信になります。
ただ、更に「Edit」で「Force SSL Connection」にしても全てがHttps://になりません。
課題が残っていますが、とりあえず使えるようになったのでこれで良しとします。

以上、IX Web Hosting SSLを設定する(初回設定)の開発備忘録でした。